読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドクターイエロー

以前、あまりのショックで「どうすりゃいいんだ?」と思っていた時期に、所用で新幹線に乗った。

用事を済ませて、何となく早めにホームに行って、「まだ10分以上あるなぁ」と思いながら、何気なく新幹線が来る方向を見たら

「あれ?なんか、目の錯覚か?」と思う色の新幹線が、「ス~」っと入ってきて、目の前で止まった。

みんな驚いて、誰も何も言わない。もちろん私も。

「っていうか、ドクターイエローって、駅に止まるの???」(テレビで、新幹線と同じような速度で走っている映像しか見たことが無いので)と、「超」驚いてしまった。

「そりゃ、ドクターだから、駅での点検もあるよね」

と思ったが、突然の事で、周りにいる人たちも驚いたのか本当に何も言わず、「しん」と静かな雰囲気の中、なぜか私はすごく嬉しくて、にこにこ笑っていた。

「生きてりゃ、いいこともある!」黄色い車体が目に染みた。ちょっとウルウル。

「こんなに近くで見ることができるなんて、奇跡だなぁ」

‥と思いながら見ていたら

‥静かに、本当に静かに動き出した!

「え、なんの合図もなく、『ス~』っと行くの?」と思っていたら、「ス~」っと行ってしまった。

ボーゼンと見送る私。でも、なんか、元気が出た!

ドクターイエローは、私にとって「ドクター」だった!

今でも時々思い出して、にこにこしている。