読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自衛隊は、一刻も早く南スーダンから撤収を!

国連が再三警告を出していて、「PKO参加5原則」ももう崩れている以上(紛争当事者間で停戦合意がされていると言えるのか?など)、撤収するのは当然だと思う。

「大規模衝突や虐殺」が起こりうると言われる危険な状況で、活動する意味はない。

食糧援助など、もっと他の部分で貢献できるはず。

テレビで、「銃撃されたり、殺されて家まで焼かれ、死体があちこちにある状況」を度々見るが、それを見るにつけ、「国会での答弁は、考えが甘すぎる!」と思う。

早く撤収しないと、もう、帰れないのではないか?

もっと状況が悪化してから撤収しようとすれば、現地住民は「なんだ日本は。私たちを助けてくれないのか?」と思い、日本への感情は悪いものになるだろう。

今のジュバの本当の状況を、稲田防衛相はもっと見極める必要があり、早く撤収させてほしい。