30万円の給付金。そんなに複雑な手続きが必要だと、担当者は疲弊し、現場は大勢の人が押し寄せ大混乱になる。新型コロナの感染が拡大するぞ!!!やめた方がいい!!! それよりも、すぐに10万円を全世帯に配った方がいい!!!「困っている人に、今すぐに、現金を渡せること」が大事だ!!!

布マスクはいらないから、送るのは止めろ!!!

そのお金は、新型コロナのワクチン開発に使ったほうがいい。

 

そして、現金支給を考えるなら、感染者数が増えている「各国の対策の状況」をもっとよく見ろ!!!

日本だけが「マスク2枚」だなんて、しょぼくて、泣けてくるわ!!!

そのうち、外国メディアに「国民のために税金を使う事を渋る、前代未聞の日本の総理大臣」と言われるぞ!!!

 

それにしても、去年、消費税増税してから、たった2パーセント増なのに「購買意欲はなくなり、旅行はやめて、コンサートも『金額が高くなったから、もう行かなくてもいいかな?』と思うようになった」のが実情だ。

大企業の法人税を上げて、高額所得者の所得税を上げろ!!!

結局、支持してくれる大企業や高額所得者を優遇することしか考えていないのが、安倍総理だ!!!

 

なぜ安倍総理は、国民から税金を集めるだけ集めて、国民のために使わないのか?

税金は、国民のためになるように使うものだ!!!

今、大事な事は「手間暇かからずに、困っている人たちに現金をすぐに支給する事」だ!!!

後手後手の政策が、今のこの状況を作った。

このまま感染が拡大して長期戦になると、餓死者や自殺者が出るかもしれない。

「一か月の収入ゼロ」の人がインタビューに答えていた。

国民を守れ!!!それが総理の仕事だ!!!

総理の責任は、極めて重い。

山中教授の「山中伸弥による新型コロナウイルス情報発信」に、「サンフランシスコの追加情報」が紹介されていた。とにかく「山中教授の情報発信」を毎日見てください!!!大事な事は「とにかく、自宅で過ごす事」だ!!!今のニューヨークの姿が、3週間後の東京にならないように!!!

これ以上、感染が拡大しないように、とにかくこれを読むと「自宅で過ごす。人に会わない」ことが、いかに大事なのかがわかる!!!

 

情報の中で、注目したところ。

 

「住民への自宅退避命令は、感染者の増加曲線を平たんにする、つまり、ウイルスの拡散を可能な限り遅くして、医療システムが崩壊しないようにするためだった」

 

「屋内退避命令が出される3月17日以前から、ベイエリアの一部では、大きな集会の禁止が始まっていた。そしてアップル(Apple)、ツイッターTwitter)、フェイスブックFacebook)、グーグル(Google)などのテクノロジー大手を含むこの地域の雇用主は、この退避令が出るずっと前から、従業員に在宅勤務を指示する事で予防策を講じていた」

 

「サンフランシスコ市内の病院は、まだ医療システムが正常に稼働している」

 

「当初、ベイエリアの6つの郡が自宅退避命令を出した。症例数が増加するにつれて、バークレー市を含む他の管轄区域もそこに加わった」

ニューヨークのような状況を回避したが、ベイエリアの専門家や市当局者は、依然として屋内退避命令の重要性を強調しており、この命令は5月3日まで延長された。

 

いかに「人と接触しない事」が大事な事なのかが、よくわかった。

「外出しない、人と会わない」、これを実践しよう!!!

 

自宅にいるだけで「社会貢献できる」と考えれば、たやすい事だ!!!

とにかく、全世代で感染者が出ているんだから、巡り巡って大事な人が感染するかもしれない!!! このまま感染者数が増えると、ニューヨークのようになるかもしれない!!!

最悪の場合を考えて、とにかく今は、(不要不急以外は)「外出しない事」だ!!!

一人一人の意識で、感染拡大を防ごう!!!

山中教授の「山中伸弥による新型コロナウイルス情報発信」の「世界の対応」に、「4月5日、サンフランシスコの状況」(佐野教授からの情報)が紹介されていた。とにかく「不要不急以外は、とにかく外出するな!!!」を徹底しないと、ニューヨークのように酷いことになる!!!「徹底した隔離政策」も早急に!!!「山中教授の情報発信」を毎日見てください!!!拡散してください!!!

もう、本当に、今後3週間は、「買い出しと薬局に行く」以外は外出を禁止!!!

 

外出禁止だ!!!  人と会わない事だ!!!

 

国を守るには、国民一人一人が自覚して、「スペインのようにアイスアリーナが臨時の遺体収容所になったり、ニューヨークのように、遺体をを保冷車に積んで運んだりするような悲惨な状況にならないように」自宅待機するしかない!!!

 

「外出を自粛」というよりも「このままでは、医療崩壊になる!!!医療関係者も疲弊している!!!とにかく自宅待機して、感染拡大を防がないといけない!!!」と国民一人一人がが認識する事が大事だ!!!

仕事も2~3週間休まないと、ニューヨークのようになる恐れがあると思う。

このままだと、医療崩壊になるぞ!!!

 

 

この文を読んで気になったところを、抜粋。

「イタリア人は入院患者が多すぎて対応する十分な人工呼吸器がないので、70歳以上の人は人工呼吸器をつけないか、泣く泣く取り外すそうです。こうなると、死者は圧倒的に増えます」

 

アメリカ政府は、年収75000ドル(800万円ぐらい)以下の家庭に、大人1人に12万、子供に6万円の現金支給を決定。今月から配布する。子供が一人いる家庭だと、12+12+6=30万円の現金がもらえる。

これも、複雑な制限をつけたり、お肉券などと信じられない事を言っている日本とは大きく異なる。

国民に渡す現金だけでこれだけです。

会社や店などには、これとは別に補償をするようで、これは100~200兆円と言われている。これも日本とは桁が違う。

これだけすれば、コロナウイルス騒動のために自殺する人も少ないでしょう。」

 

「ニューヨークは完全に医療崩壊しています。東京も感染者が増加してきたので心配。

東京がそうならないように願っている。

 

自分が感染しない事も大切だが、人に感染を映さない事は、もっと大切。

 

桜は来年も咲く。

人の命は、地球より重いはずです。」

 

とにかく、今後3週間は、特に高齢者は、自宅待機だ!!!

テレビを見ながら「その場で足踏みをする」とか、元気なら「スクワットをしたり腹筋したりする」とか、ラジオ体操をして、体を動かそう!!!

 

とにかく、重症化するのは高齢者なんだから、「買い出しと医者や薬局以外の外出は禁止」だ!!!

 

これ以上感染拡大しないように、自宅で動こう!!!

換気と手洗いをこまめにやろう!!!

 

断捨離や掃除、やるべきことは、いろいろある!!!

 

新型コロナ。日本労働弁護団が「新型コロナで、雇い止めや解雇などの無料電話相談」を、全国で実施。相談は、今日午後5時まで。実施日・時間帯が都道府県によって違うので、確認してください。

「新型コロナ労働問題 全国一斉ホットライン」で検索して、日本労働弁護団のHPで各都道府県の「実施日や時間帯」を確認してください。

山中教授の「山中伸弥による新型コロナウイルス情報発信」の「世界の対応」に、新たに「南京市の対応」が紹介されていた。日本も、とにかく「徹底した隔離政策」、そして国の政策に国民が「徹底的に協力する」事、それが一番大事だと感じた!!!

今朝のニュースで「アメリカでは、新型コロナで24時間に亡くなった人が1480人になった」と報道していた。

 

とにかく基礎疾患がある人(心筋梗塞や糖尿病など)は外出するな!!!重症化する事がすでに分かっているからだ!!!

そのうちに人工呼吸器が足りなくなれば、災害の時のようにトリアージが行われ、「高齢で基礎疾患があり、治る見込みがないと判断されれば、何も処置してもらえなくなる」事だってあり得ると思う。

 

そうならないためには、まず、国民一人一人が「早く感染が収束するように、今は外出しない」という事が一番大事だ!!!

 

赤ちゃんや6歳の子供、小学生など、既に全世代で感染が拡大している!!!

 

「国を守るのは、我々国民だ」という意識を持って、これ以上感染者や死者を増やさないよう、外出を控えよう!!!

 

テレビを見ていたら、どうもマスクが買える人がいるようだが、「医療機関で、マスクも消毒液も枯渇寸前のところがある」と報道されていたから、政府が買い上げて、医療従事者に一刻も早く配ってほしい!!!

 

医療従事者も感染している状況なのだから、早くそういう人たちを守ってほしい!!!

都知事はあれこれ要請するが、満員電車の状況を何とかしないと、結局感染拡大は止められないのではないか?

ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要不可欠な存在」。フリーランサーや芸術家、個人業者への大規模支援を約束。(NEWSWEEK日本語版3月30日)。

山中伸弥教授の「山中伸弥による新型コロナウイルス情報発信」の中の「世界の対応」に書いてありました。「イギリス・サンフランシスコ・ドイツ・韓国・オランダ」がコロナ対策についてどういう対応をしているのかが、よくわかります。

 

この内容を見て、とにかく今は、私たち一人一人が「これから2~3週間、人に会わない(不要不急以外、外出しない)という事を徹底していく必要がある」と思った!!!

もし、これを失敗したら、ニューヨークのように「爆発的な感染拡大」になる恐れがあり、スペインのように「アイスアリーナ」が「仮の遺体安置所」になるかもしれない!!!どこの国だったか、外のテントの中が「遺体安置所」になっていた。

そんな悲しい事にならないように、国民が考えて行動する事だ!!!

 

まずは、今日明日は、外出しない事!!!

家で、掃除をしよう!!!普段できない事をやってみよう!!!

 

山中教授がテレビ出演された映像を見て、今が「本当に日本は危機的な状況にあり、感染拡大を防ぐには一人一人の意識が重要」という事がよくわかった!!!

とにかく、外出をしない事が、一番大事だ!!!

来週の火曜日ぐらいに、先月の3連休の感染状況がわかると思う。気を緩ませてはならない!!!

とにかく、今後は、人と会わない事!!!

国民が国を守るのだ!!!

 

一人でも多くの皆さんに、山中教授の「山中伸弥による新型コロナウイルス情報発信」を今後も読んでいただきたいので、拡散をお願いします!!!

 

それにしても、各国の国民を守るための対応や対策、行動基準などを見ると、「日本政府は国民のために何もやっていないな。マスク2枚って、それじゃ何の意味もない。外出自粛を要請したって『家賃を払うために働く。禁止されたら止めるけど』とインタビューに答えていた人がいたから、とにかく、給料の補償をしないと自粛なんか無理だ」と思う。

長期戦となったら、ボーナスも、大企業以外は出ないのではないか?

政府が「今までにない大胆な政策を実行する」と言うのなら「30万円、とにかく全世帯にまず支給」しないと、生活に不安がある今の状態では「外出自粛」は無理だろう。

とにかく「早く支給しないと」意味がない。支給がわかれば、「安心」が生まれ、「なんとかがんばろう」と思える。

 

このまま支給が遅れると「従業員に給料が支払えない」と、倒産する会社が出てくるのではないか。

 

テレビを見ていたら、観光バスの運転手さんが解雇され、一袋16円のもやしを買ってきて食べているとインタビューで答えていた。なかなか仕事がみつからない、と。

「バスを売って、社員に給料を払った」という社長さんもいた。

 

新型コロナが収束したあと、きっと観光客は戻ってくると思う。

その時まで、運転手さんや観光バス会社を守るのが政府の仕事じゃないのか?観光の担い手を支える事を、考えてほしい!!!

 

とにかく、外出自粛を国民に要請するなら、「給料の補償」をする事だと思う!!!

国会議員の人たちにも、山中教授の、この「世界の対応」を見て、「どうすれば、国民は自粛要請に応えてくれるのか」を考えてほしい!!!

ネットで知った。世界のコロナ補償(4月1日現在)。日本政府がやっていることは、最低だな!!!

「世界の、コロナ補償」

香港 現金14万円

シンガポール 最大24万円

イタリア 約30万円

ニュージーランド 最大45万円

 

休業補償

ドイツ 賃金の60%

デンマーク 賃金の75%

イギリス 賃金の80%

フランス 賃金の84%

スペイン 賃金の100%(!!!!!)

 

日本は、布マスク2枚(?????)

はぁ???みじめな日本‥‥‥。

 

日本国民は、安倍政権に対して、徹底的に怒れよ!!!!!

何も言わないと、政府は「誰も文句を言わなかったから、これで補償は終わりだ」と逃げまくるぞ!!!

 

それにしても、いつまでたってもPCR検査の数が増えないのは、どういう事なんだ?

官房長官は「1日に9000件検査可能」とか言っているが、「なかなか検査してもらえない」という話がネット上にある。

国民を大事にしろ!!!医師が「検査が必要」と認めたら、すぐに検査しろ!!!

赤ちゃんや6歳の子供が感染して、重症化しているそうだ!!!

 

まさか、この期に及んで、「オリンピックが中止になる」事を恐れて、「感染者数を押さえようとしている」のではあるまいな?????

徹底的に検査しろ!!!

 

とにかく、休業補償を早く考えて、実行してほしい!!!

国民の生活を守り、雇用を守るのが「国民から選ばれた国会議員の仕事」だ!!!