ニュース番組でわかったこと。安倍総理はなぜ「加計学園の獣医学部新設計画を知ったのは今年の1月20日」としたのか?

7月25日、NEWS23

 政府答弁書によると、「加計理事長が獣医学部を作りたいと考えていることをいつ知ったのか」という質問に対し「2013年10月11日」などとする文書を今年4月に「閣議決定」している。

 総理はなぜ、答弁を修正したのか。

予算委員会に先がけて、総理は秘書官らといろいろ協議した結果の話。

理由は、昨年以降、総理が加計理事長と頻繁に会食やゴルフを重ねている。一時はごちそうにもなった。

 

2001年に「大臣規範」が閣議決定された。

大臣規範とは「関係業者との接触にあたっては、供応接待など、国民の疑惑を招く行為をしてはならない」というもの。

 安倍総理が早い段階で加計学園の申請を知っていたとなると、加計学園は関係業者になるから、その人と会食したりゴルフをしたりしたとなると、この規範にもまさに「反する」ということになる。

 それでもう「1月20日に知ったことにしよう」という事になった。

しかし過去の答弁とも整合性が取れないという事や、あまりにも不自然という事があって、かなり尾を引く情勢になっている。

 

安倍総理の行動(2016年のみ)

2016年3月18日、加計氏らと食事

   7月21日、加計氏らと食事、22日ゴルフ

   8月10日、加計氏らと食事、11日ゴルフ

(加計氏の行動。8月23日に山本農水相と会い獣医学部の話をした。9月6日松野文科相に会った。9月7日山本地方創生相と会い獣医学部の話をした。)

   10月2日、加計氏らと食事

   12月24日、加計氏らと食事

二人の大臣は「知っていて」、総理は本当に「知らなかった」のか?

 

 

 

今夜のNHKニュースでは、森友学園の「鑑定価格から8億2千万円の値引きの件」について、「近畿財務局と森友学園側(学園弁護士)」が「いくらまでなら支払えるのか」などの「協議内容」について放送していた。

という事は、財務省の「売却価格を決める前に、具体的な金額を出して交渉していない」という答弁は、どうなるんだろう?

     

そもそも、今治・加計学園は「第2次安倍内閣」になってからも獣医学部新設の申請を続けて「その度に却下されてきた」んだから、加計学園の申請を安倍総理が知らないはずがない!!!

総理は、何故、今になって発言内容を変えたのか?

加計学園獣医学部新設を申請して何回も却下され、第2次安倍内閣発足後も申請しては却下されている。だから、その時点で総理が知っているのは当たり前のことだ。

 

結局、与党がきちんとした参考人招致をしなかったから、疑問は残ったままになった。

 

加戸氏の話を聞くと「とにかく何としても今治獣医学部を作る」という意欲はわかるが、「前川氏の発言がテレビでカットされた部分の話」とか「前川氏の精神構造を疑う」などという発言には違和感が残った。カットされた部分については「テレビ局の担当者以外わからない事だから」そういう発言をしたのか?

どの番組なのだろう?今更確認は無理なのかな?

前川氏がそういう発言をするとは思えないが。

 

加戸氏は前川氏の先輩(文科省)なのだから、文科省の職員が書いた文書が「いかに正確なものか」それを発言してほしかった。

結局、加戸氏は「あと一歩で獣医学部ができるのに、今のままではできなくなりそうで困る」から、前川氏の発言を「全て否定したいだけ」のように感じた。

 

そして、首相官邸の人の出入りの記録が無いのも驚いた。本当に?

面会記録が無いなんて、信じられないが。

わざと「文書」を無くしているように見える。

 

とにかく「証人喚問」で、森友・加計問題をはっきりさせる必要があると思う。

籠池氏を証人喚問しておいて、加計氏を証人喚問しないなんておかしい。

与党に「早く、これらの問題を解決したいという気持ちがあるかないか」、それが試されていると思う。

 

 

昨日、「加計学園への伝達事項」という文書が存在することを松野文科相が初めて認めた。これでも与党は「加計ありき」では無いというのか?ない

「空白地域に限る」とか「1校に限る」とか「平成30年4月開学」とか、とにかく加計学園有利ははっきりしている。

しかも、(テレビで見たが)先日、京都産業大学獣医学部新設断念の記者会見の中で「平成30年4月開学という条件を知ったのは今年に入ってからで、それは無理なので断念した」という趣旨のことを発言されていた。たった1年で教職員を集めたり建物を作ることには無理がある。

 

安倍総理は国家戦略特区諮問会議の議長をしているんだから、「加計学園獣医学部新設計画を申請していることを初めて知った時期が今年の1月20日」という昨日の発言は嘘だ。先ほどの蓮舫氏の質問で(福島氏への答弁など)、それがよくわかった。

 

総理の話し方は丁寧だが、説明は丁寧ではない。

昨日の答弁も、参考人は「記憶」も「記録」もなく、信じることはできない。

 

きょうの加戸参考人の発言の中で、「東京キー局のテレビ番組」に出演した際の、カットされた前川氏との場面についても気になる。

きょう、加戸氏はカットされた場面について話してしまったんだから、そのキー局は全部を流してほしい。事実かどうか、国民に知らせてほしい。

 

一番の疑問は「獣医学部の候補地についての加計学園京都産業大学の比較検討した議事録が無い」という事だ。

こんな大事な議事録が、何故ないのか?

重要な発言だけでも時系列でまとめておき、後々、何か指摘された時のために残しておくのが普通だと思うが。

 

それに、国会議員がなかなか入れない官邸(この場面もテレビで見た)に、2015年、今治市の一般職員が入れたことも不思議でならない。

 

もう、真実をはっきりさせるには国会での「証人喚問」しかないと思う。

なぜ、獣医学部が必要なのかがわからない。1校作って、今後、どう展開していこうというのか?

獣医師が不足しているなら、現在獣医学部がある大学の定員数を増やせばいいと思うが。

最先端技術を研究する施設が必要なら、大学がその申請をして、国や県などが研究施設としてふさわしい場所に作ればいいのではないか?

 

獣医学部を新設する場合70人以上の指導者が必要だそうだが、急に70人以上の「指導する先生」を集めることは、大変な事だと思う。

それを総理は「2校でも3校でも」などと言ったが、そんなこと、ほぼ無理だと思う。

今でも不足しているといわれる「指導者」を集めるのは不可能だと思う。

そもそも「獣医学部を新設」して、「その後、どう広がって展開していくというのか」がわからない。

 

たとえば、「日本の特産品(農産物や加工品など)になるかもしれない」と思われるものを各県で業者等から募集し、その中で「これというものがあれば」国家戦略特区としてまず1つの町で施設等を作り、それを各地のイベント会場等で積極的に売ってみる。だんだん各地で売れるようになり採算が取れるようになれば、海外にも積極的に売り込む。そして、産業として成り立つなら「各地にその施設を作り、展開していく」ということなら、各地の雇用にもつながり、そういうものについてなら、国家戦略特区としてやってみる価値があると思う。

 

だから、新たに獣医学部を新設するよりも、公務員獣医師等の待遇改善(給料等)をして、学生が「ペット業界よりも、公務員獣医師の方がやりがいもあり待遇もいい」と考えたくなるような方法を考えることの方が大事だと思うが。

そうでないと、四国に大学は作ったが、結局、大学を出た学生は首都圏の「待遇のよい職場」に行ってしまうと思うのだが。

 

7月25日、映画「スティーブ・ジョブズ」。27日、映画「ラストエンペラー」

7月25日午後9時、BS-TBS、映画「スティーブ・ジョブズ

 

7月27日午後1時、BSプレミアム、映画「ラストエンペラー

LCC「バニラ・エア」の問題。「車いすで飛行機に乗る時は」で「ヤフー検索」したら、「いすみ鉄道 社長ブログ」で、いろんな事がわかった!

私は、体調が悪くて「めまい」などがあると、家の中での移動は「匍匐(ほふく)前進・後退」している。段差もOK。下手に立ち上がるとふらついて危ないから、こうしている。

もちろん熱があってふらふらの場合は家族に頼るが、基本は「普段は歩けるんだから、具合が悪くても手足が動けば自分のことは自分でする」ということ。

 

だから、このブログを読んで「パラリンピックの選手のような人たちは、機内の備え付けの車いすなどは使用せず、自分で床を這って座席まで移動される方がほとんど。そういう方々は手助けされるのを嫌がる人が多くて、階段だろうが通路だろうが、自分で這うようにさっさと進んでいかれる」という事を知った。

あぁ、同じだ。私も這った方が早いから同じことをしている。

 

とにかく「車いすを使用する」事を事前に伝えておくと、「駐機場の場所も(これも場所によって値段が違うそうで)車いすの方のために配慮していただける」など、細かい点まで説明されていて、よくわかった。

そして、車いすの方が乗る席の場所や数も決まっているようだから、それを考えても「事前の連絡が大切」だとわかった。

 

加計理事長は、結局、何も言わないまま終わるのか?

是非、出席して、獣医学部新設までの経緯を話していただきたい。

獣医学部新設には多額の税金が使われる訳で、国民に対して、いろんな疑問に答える責任があると思う。

 

明日・明後日の「予算委員会」、文書についての疑問点がどこまで解明されるのか、期待している。