「あいちトリエンナーレ」。たいてい1か月前には「あぁ、もう3年経ったか」と、テレビ等で「開催」を認識していた。今年は開催2日前に、NHKの午前11時半からの番組の「最後の最後」で「あぁ、今年か」と思った。

その日、正午のNHKニュースの前の「天気予報」を見ようと思いテレビをつけたら、前の番組の最後の方が映った。そこに、津田氏の姿が。

「え?トリエンナーレの芸術監督が津田大介?まさか、愛知で『物議を醸す』ような展示をするんじゃないだろうな?」と思った。

 

そうしたら、それが、本当になってしまった。

よりによって、なぜその展示をやるんだ?

芸術監督やキュレーターに任せている訳だから、「写真の展示に代えてほしい」と言っても拒否されれば「表現の自由」を盾にされ、大村知事もそのまま開催するしかなかったんだろう。

私も、「芸術監督やキュレーターが決めたものだし、嫌なら見なければいいだけだから、しかたがないな」とは思った。

 

しかし、今までの「あいちトリエンナーレ」は少なくとも「芸術」に関わった事がある人が「芸術監督」をやっていたと思う。

芸術と言っても、幅は広いと思うが。

ただ、今回、「なぜ、ジャーナリストが芸術監督なんだ?」という疑問は、当時も今もある。

国際芸術祭なんだから、より「世界の芸術に造詣が深い」とか「芸術祭の現在の状況に詳しい」とか、そういう人がやるのだと思っていた。

 

ネット上で、いろいろな「津田氏の発言や過去の動画など」を見ると、「なんとしても、これらの展示をしたかったから、とにかく直前まで隠していた」という印象が否めない。

つまり、「表現の不自由展を何としてもやりたかったから、事前の発表はいつもより遅くした」という事が、新聞やネットを通じてわかった。ウィキペディアでわかった事もある。津田氏は、キュレーターの存在を軽く見ているんじゃないか?

 

しかし、「表現の自由」がどうこう言うより、とにかく私は「いつものように1か月前には正々堂々発表する」という事をしてほしかった。

もちろん、そうすれば「物議を醸す恐れがあるから、中止になる恐れがあるのでやりたくなかった」のだろう。

 

しかし、「突然、明後日からトリエンナーレ開催を知った。あの有名な津田氏が愛知まで来て何をやるのか?まさか、物議を醸すようなことをするんじゃないだろうな」と思った私は、「やっぱり、物議を醸すことがわかっていることをやったな。責任を取れよ」としか思わなかった。

当然SNSで拡散され、事務局に苦情が来た。

しかも、後にNHKの番組では「協賛企業」にまでファクスや電話等で苦情が来たと知った。津田氏はきちんと謝罪したのか???

 

少女像はニュースでも話題になっている像だし、天皇陛下の写真をバーナーで燃やして最後に踏みつければ、それは天皇陛下だけでなく作者以外の人間が「同じことをされた」なら、「怒り心頭」で訴えるだろう。

つまり、「作者が、自分の兄弟や親の写真を燃やして踏まれた映像を、芸術展で大勢の人に見られたら、兄弟や親は『なぜあんなことをした』と怒る」と思う。

 

少女像も天皇陛下の写真を燃やした映像も、作者には、それぞれに思いはあるだろう。

しかし、その作品を突然テレビやSNSを見たら「どういう反応が返ってくるのか」は、わかるはずだ。こういう作品で「いろんな説明が必要」なら、もっと小さいところで本人がそばにいて説明するしかないのではないか。

 

天皇陛下にもお子さんやお孫さんがいる。そういう身内の人たちがこの映像を見たら悲しい気持ちになるだろうと思う。

しかし、それを作者に言う事はないだろう。宮内庁は、よほどのことがない限り、そういう事について言わないから。

しかし、芸術は、表現の自由は、「人を悲しませてまで」する必要があるのか?

 

もし、作者の知人の写真を使っても、これは大問題になると思う。

作者が自分の写真を燃やして踏んだら自分がどう思うか。

 

先生や親から「人の立場になって考えるように。自分がされて嫌な事は人にしてはいけないよ」と言われてきた。

自分の写真を燃やして踏んで、それは嫌な事ではないのか?大勢の人がそれを見るんだぞ!!!

もし私の写真が燃やされ踏まれた映像が展示されていたら「何をやっているんだ!!!」と怒鳴りこんで、すぐ中止しろ」と言うだろう!!!

表現の自由」と言ったって、常識の線というものはあると思う。その表現によって悲しむ人を作ってはいけないと思う。

 

それに、「不自由展のスタッフが裁判所に行った」ことも、「何やってるんだ?きちんとスタッフと話し合えば、解決できるはずだ。」と思い、唖然とした。問題を大きくする必要があるのか?

 

もう、ジャーナリストの「芸術監督」はこりごりだ!!!

3年後の「あいちトリエンナーレ」の芸術監督は、「美術・芸術関係」に長年関わっている人や、芸術祭に詳しい人にやっていただきたい。

金子委員長、早く予算委員会を開け!!!どうして参議院規則を守らないのか???つまり、「嘘つき隠ぺい改ざん安倍政権だから、規則なんて守らなくていい」と思っているのか?

「金子委員長は、責任逃れのひどい委員長で、仕事を放棄した」と、国民は認識した。

 

安倍総理が招待者名簿を出し、ホテルニューオオタニが明細書を出せば、「桜を見る会」のかなりの疑念は晴れるのではないか?

 

出さないのは、やましい事があるからだな。

 

ひどい政権だよ。

 

ネット上には、30年以上前に、ジャパンライフとつながりがあった事がテレビ東京の映像で出ている。安倍晋太郎氏の時代から晋三氏もつながりがあるんだな。

嘘はバレるぞ!!!

昭恵夫人が、首相公邸にビジュアル系アーティストを招き写真撮影。応援メッセージも出す。何を考えているんだ???

「そういう事を首相夫人がやる」という事を国民はどう思うか、考えたことはないのか?

「私は私人」というなら、公邸に入るな!!!

 

今まで、こんな首相夫人はいなかった。

外国に行く時に「あ、この人が奥さんか」と思うぐらいで、表には出なかった。

 

とにかく、早く総理には辞任してほしい。

国が壊れていく。

参議院規則 第7章 第38条より抜粋。「委員の3分の1以上から要求があった時は、委員長は委員会を開かなければならない」。金子委員長、ちゃんと予算委員会を開け!!!

金子委員長は、規則を破るつもりか?

無責任だ!!!ひどい話だな!!!

ちゃんと仕事をしろ!!!

安倍政権は本当にダメだが、与党が結局はだめだという事だ!!!

 

国民の財産である「公文書」を改ざんしたり破棄するという非常識な事を平気でやることが、そもそも間違っている!!!

 

記者会見で、菅官房長官が言っていることの意味が、分からなくなってきた。

中村哲医師を追悼。「武器ではなく、命の水を」 ETV特集・選  2019年12月7日(土) Eテレ 午後11時~午前0時

今月4日、アフガニスタンで銃撃され亡くなった中村医師。

戦乱が続く中、農業復活のため用水路を作り、乾いた大地に緑を取り戻す活動を続けていた。

 

2016年放送のアンコール。

金子委員長!参議院規則を守れ!!!早く予算委員会を開け!!!総理をかばうために規則に反する事をする委員長は、辞任してほしい!!!自民党は本当にダメな政党になってしまったな!!!

 最低の政権だ!!!

 

予算委員会を開かないという事は、総理は説明責任から「逃げる」という事だ!!!

逃げ回るなんて、卑怯者のする事だ!!!

 

官僚もひどい答弁をして、恥ずかしくないのか?

 

どんどん、新しい事実が出てくる。

公私混同、本当にみっともないな!!!

参院本会議の総理の答弁。自民党幹部「総理はうまく逃げ切った」、公明党幹部「野党は弱い、首相が逃げ勝った」。これは国民から見ると「総理は悪い事をしたが、うまく逃げた。野党の質問をはぐらかして、野党の『予算委員会』開催要求を金子委員長が応じなかったため、逃げ勝った」と思うだろう。つまり与党は「説明責任を果たさず、逃げ回った集団だ」という事だ!!!

参議院規則では、「委員の3分の1以上から要求があった時は、委員長は委員会を開かなければならない」と決められている。

それに基づいて野党は予算委員会の開催を要求しているが、金子委員長は応じていない。そんなに予算委員会が怖いのか???

総理が失言するから?また公文書を改ざんしないといけなくなるから?責任を取りたくないから?

 

今年、国会は、どれだけ開催されたのか?半年以上なかったのでは???

野党が要求しても与党が応じず、まともな審議が無かったように思う。

結局は、与党議員が「安倍の向くままに動くから」こうなったという事だ。

つまり、与党の国会対策委員長が、ろくに仕事をしてこなかったという事だ!!!

 

国会審議、今年、何日間やったんだ???

国民から見たら、与党は逃げ回っただけじゃないか!!!

「うまく逃げ回った総理」

「野党は弱い(と野党のせいにして)、首相が説明責任から『逃げ回った』」だけだ!!!

 

参院本会議の直後、菅官房長官は会見で「様々な質問に丁寧に答えた。首相は責任を果たした」との認識を示したそうだが、ぶら下がり会見に「少し付け加えただけの」答弁で、同じ言葉の繰り返し。何の意味もなかった。

 

一対一の「予算委員会での答弁」が、そんなに怖いのか?

 

ジャパンライフの招待状の60という番号は、もう、誰が見ても「安倍総理夫妻(と親族?)」だろう?

国民に疑惑を持たれているなら「違います!」と言って、招待者名簿を出して「これを見てください!私の招待者番号はこれです。ジャパンライフは入っていません」と、無実を晴らせばいいだけの事!!!

早くやれよ!!!

「なぜそれをしないのか」というと、つまり「やましい事がたくさんあるからだろうなぁ」と国民に思われるのは当たり前。

 

ジャパンライフには、(ネット上では)消費者庁(?!)からも警察関係者も天下りしているらしい。山口元代表の次の社長は、どこかの省庁からの天下りなのか?

 

昨日のNEWS23を見たが、「ジャパンライフの被害者」が、野党が「桜を見る会の追及」をしている場に来て怒って発言していた。当然のことだ!!!「桜を見る会」の招待状でジャパンライフを信用して、結果、被害を受けたのだから。

 

安倍政権は、公文書の扱いがひど過ぎるのはもちろんだが、どう考えてもジャパンライフには「2014年に立ち入り検査する」事を考えていたのに、担当が山田課長に代わってから「そこまでする必要は無い。呼びつけて指導するだけでいい(2回)」と180度の変更になってしまい、結果、翌年「桜を見る会の招待状がジャパンライフに届いて、それを宣伝資料に使ったことで被害者を増大させた」という罪は重い。

「老後のお金をだまし取られ、孫にお年玉も上げられなくなってしまった。」という被害者に対して、総理はどう思っているのか?

 

心ある人が「招待者名簿」を復元し、野党議員でもテレビ局でも新聞社でもいいから送付してほしい!!!

 

官僚が下僕になったら、本当にこの国は酷いことになる。

もう、なっているが。

これ以上酷くなってもいいのか?野党の追及に対する内閣府の話す内容は、本当にチンプンカンプンだ!!! 早く「60」の番号について答えろ!!!

 

ちゃんと野党議員の質問に答えろ!!!国民が選挙で選んだ人たちだ!!!野党の質問は、国民の質問だ!!!

 

FTAについて、総理はいつ詳細を国民に知らせるのか?

国が壊れる前に何ができるんだろう。