読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

国会中継、総理の答弁は、もっと簡潔に!

質問に対して、総理の答弁がだらだら長い!

簡潔に話していただきたい。質問する時間が少なくなり、もったいない。

 

結局、拉致問題は、どうするつもりなのか?

総理は「拉致問題はそう簡単な問題ではない」という、今までと変わらない答弁だったから、もう、自分から積極的に話し合いを詰めていくつもりはないという事か?

2002年のあの時救出に動いた人たちがまだ生きているうちに、なんとかもう一度動いていただくよう呼びかけ、あの時の交渉の交渉をもう一度試していただきたい。

それをやらないなら、この問題の解決はもう、無理ではないのか?

ミサイルが日本に飛んでくるようになった今、諦めるしかないのか。

拉致被害者の家族の人たちが希望が持てるような方法を、考えていただきたい。

 

森友問題、少子高齢化とか、派遣社員契約社員という使い捨ての働き方、長時間労働での過労死の問題、保育園の不足、など、問題は山積している。

 

総理には「憲法改正」よりもまず、喫緊の課題の解決に全力を注いでいただきたい!

 

そして、民進党蓮舫氏の質問に対して、蓮舫氏の質問内容は一貫しているのに、金田法務大臣の「共謀罪の答弁」は、全く意味がわからない!

蓮舫氏の最初の質問に対し、「LINEのやりとりは、共謀罪の取り締まりの対象になる」と言ったのに、次の質問の内容に対しては、「LINEのやりとりは、共謀罪の取り締まりの対象にならない」と言った。

法務大臣として、どうなのか?

他の質問者に対して、「もう一度言ってください」などと言って緊張感が無いし、もう本当に、がっかりだ!

 

それにしても、森友問題についての、民進党小川敏夫氏のパネルを使った説明はわかりやすかった。

平成26年のボーリング調査により、払い下げ国有地は、盛り土は3メートル(かつて沼地・深さは3メートル)、その下は沖積層の地層(2万年前の地層、自然に堆積した地層)。つまり、3メートルより深い所にゴミがあるはずはない。」というもの。

9、9メートルからごみはでてくるはずがない。

その後の改良抗施工のプロペラの写真の説明も、よくわかった。廃材もプラスチックもからまっていない。粘土質のものがついているだけ。

大量のごみは、事実じゃない。

8億の値引きはどこからくるのか?

 

総理の答弁は、結局だらだら続く。余計なことをべらべらしゃべりすぎ、答弁のひどさだけが目についた。

 

総理は「支持率が高い」という事を自慢しているが、与党の支持率の高さは「みせかけ」だ!

無党派」が一番多いと、私は思っている。野党、特に民進党はもっと各自が「党を盛り立てるように」動いていただきたい。

以前、「なぜそこで、そう動いたのか?党首は泣くぞ!!!」という動きがあった。

あの時の蓮舫氏の表情を見て、私も「なぜそう動いたんだ、あの議員は?」と怒った!

とにかく、自分が所属している政党を党首を、各自がしっかりと盛り立てて、一丸となって審議をしていただきたいと思う。

 

それにしても、民進党共産党の質問内容や説明はよくわかるが、自民党の質問は長く、総理の答弁も長い。

そして、金田法務大臣の答弁を聞くと、やはりこの法案は、「法務大臣でも理解できないもの」で、必要ないと思った。

 

一昨年の8月ごろから、自民党の質問者や総理の答弁を聞いていると、頭が痛くなり、時々体調も悪くなるようになった。

だから最近は、国会中継は録画して、野党の質問と答弁だけを聞くことにしている。

あの場にいる人たちの体調は大丈夫なのか、と、少し気になっている。