読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

24日の参考人質問を聞いた。結局、迫田氏と武内氏と国有財産審理室長を証人喚問に呼べば、8億の謎は解明できるのではないか?

24日の参考人質問

自民党・西田氏「土地売却について、忖度した事実は?」

迫田氏「理財局長当時、この事案について報告を受けたことは無い。政治的な配慮もしていない。本件に関して国会議員、政治家、秘書からの問い合わせは一切ありません」

武内氏「本件に関し、自分に対し問い合わせなど一切なく‥(あとは、迫田氏と同様の内容)」

 

国有地売却について、8億もの多額の値下げをする場合、上司が知らないなんてことがあるのか?

 

 

谷氏が籠池氏に送ったファクスの内容(概略)

〈‥時間がかかってしまい、申し訳ありません。財務省本省に問い合わせ、国有財産審理室長から回答を得ました。‥現状ではご希望には添えませんが、引き続き当方としても見守ってまいりたいと思いますので、何かございましたらご教示ください。

なお、本件は昭恵夫人にもすでにご報告させていただいております。

                        内閣総理大臣夫人付

                            谷査恵子 〉

財務省は、当時の担当者から聞き取りもせず、しかも、面会記録も破棄して(公文書の扱いが雑すぎると思う!)「ないものは無い」と逃げている。

 

国有地は、国民共有の財産なんだから、迫田氏、武内氏、そして谷氏が問い合わせた当時の国有財産審理室長に、証人喚問の場で、きちんと8億についての詳細(この値段に決まるまでの過程など)を、きちんと説明していただきたい。

でないと、「なぜ、とんとん拍子にいろんなことが決まり、8億も値引きされたのか?なぜ、財務省は隠し続けるのか?」と、疑惑は深まるばかりだ。