読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SWITCHインタビュー「水野良樹さんと西川美和さん」

対談、観ました。

「器」ですか。そんな、深い事を考えて曲を創っていらっしゃるとは思わなくて。

今度から、「器」を感じながら、聴いたり歌ったりしてみたいと思います。

 

私は昔から、「人」は、信じられないし理解できないと思っています。

人間関係って、本当に難しい。

「言った」事を「言わない」と嘘をついて責任を逃れようとしたり、平気で裏切ったり。そういうことを平気でできる人がいることが信じられない。

 

でも、だからこそ、言葉を尽くして分かり合えるように努力しないといけないんだろうけど。

だけど、言葉を尽くしても、分かり合えないこともあるわけで。

そういうことが重なって「一人で何かをする」方が「楽でいいな」と考えるようになり‥。

 

だから、水野さんが、「一人で完結できる『小説家』よりも、『多くの人と関わる映画監督』という(たくさんの人を相手にし、たくさんの事を考えなければいけない)大変な方を選んでいる」西川さんへの質問が、私には痛いほどよくわかりました。

だけど、活躍されている人は、「守りに入らず、より難しい方を選ぶ(大変な方を選ぶ)のかなぁ?」とも思います。

水野さんも、曲を創るのは一人でも、その後はたくさんの方たちと関わっていかれるのだから、やはりいろいろ大変な面があるのでは?と思います。

 

西川さんの映画は、今月中に観に行きます。「永い」という意味が、ちょっと哀しく切ないですが。

あと、人と話すときは「分厚いA4サイズの手帳」を持っていって、しっかりメモを取るといいかなぁ(?)と思いました。